島崎藤村 「椰子の實」 (詩集『落梅集』より)

椰子の實

名も知らぬ遠き島より
流れ寄る椰子の實一つ

故郷ふるさとの岸を離れて
なれはそも波に幾月

もとの樹は生ひや茂れる
枝はなほ影をやなせる

われもまた渚を枕
孤身ひとりみの浮寢の旅ぞ

實をとりて胸にあつれば
あらたなり流離のうれひ

海の日の沈むを見れば
たぎり落つ異郷の涙

思ひやる八重の汐々しほじほ
いづれの日にか國に歸らむ

作者と作品について

  • 作者

島崎 藤村(しまざき とうそん)
1872年(明治5年2月17日)~1943年(昭和18年)
岐阜県生まれ

  • 作品

「椰子の實」は、詩集『落梅集』に収められています。
歌曲として、この詩を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

1898年(明治31年)の夏、藤村の友人である柳田國男が、愛知県の伊良湖岬(いらごみさき)に滞在した際、浜に流れ着いた椰子の実を見つけました。
藤村は、柳田國男からその話を聞いたことを元に、この詩を書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
夏の詩
4seasonsをフォローする
春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~
タイトルとURLをコピーしました