中原中也 「汚れつちまつた悲しみに……」(詩集『山羊の歌』より)

汚れつちまつた悲しみに……

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘かはごろも
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠けだいのうちに死を夢む

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気おぢけづき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

作者と作品について

  • 作者

中原 中也(なかはら ちゅうや)
1907年(明治40年)~1937年(昭和12年)
山口県生まれ

  • 作品

「汚れつちまつた悲しみに……」は、詩集『山羊の歌』に収められています。

とても有名な詩ですね。
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この詩でリフレインされている、「汚れちまつた」の主語は、何も書かれていません。
中也自身が汚れてしまったのかもしれないし、悲しみそのものが汚れてしまったのかもしれません。
何も書かれていないからこそ、その背景にある感情が伝わってくるような気がします。

リズムに乗っていても、どこかぶっきらぼうな口調からも、かなしみが感じられます。
リフレインが、まるで降りかかる雪のようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
冬の詩
4seasonsをフォローする
春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~
タイトルとURLをコピーしました