室生犀星 「三月」「ふるさと」「寂しき春」(詩集『抒情小曲集』より)

三月

うすければ青くぎんいろに
さくらも紅く咲くなみに
三月こな雪ふりしきる

雪かきよせて手にとれば
手にとるひまに消えにけり
なにを哀しと言ひうるものぞ
君が朱なるてぶくろに
雪もうすらにとけゆけり

ふるさと

雪あたたかくとけにけり
しとしとしとと融けゆけり
ひとりつつしみふかく
やはらかく
木の芽に息をふきかけり
もえよ
木の芽のうすみどり
もえよ
木の芽のうすみどり

寂しき春

したたり止まぬ日のひかり
うつうつまはる水ぐるま
あをぞらに
越後の山も見ゆるぞ
さびしいぞ
一日いちにちもの言はず
野にいでてあゆめば
菜種のはなは波をつくりて
いまははや
しんにさびしいぞ

作者と作品について

  • 作者

室生 犀星(むろう さいせい)
1889年(明治22年)~1962年(昭和37年)
石川県金沢市生まれ

  • 作品

「三月」「ふるさと」「寂しき春」は、詩集『抒情小曲集』の第一部に収められています。

犀星は生後すぐに養子に出されるという、暗い生い立ちをもちますが、不遇と貧窮のなかで文学に目覚めます。
そして20歳のときに上京し、沢山の詩を作りました。

詩集『抒情小曲集』には、そんな犀星の20歳から24歳ころまでの作品が掲載されています。
そこには故郷への強く深い思いと、繊細な情感であふれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
春の詩
4seasonsをフォローする
春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~
タイトルとURLをコピーしました