蜻蛉に寄す


あんまり晴れてる 秋の空
赤い蜻蛉(とんぼ)が 飛んでゐる
(あは)い夕陽を 浴びながら
僕は野原に 立つてゐる

遠くに工場の 煙突が
夕陽にかすんで みえてゐる
大きな溜息 一つついて
僕は蹲(しやが)んで 石を拾ふ

その石くれの 冷たさが
漸く手中(しゆちゆう)で ぬくもると
僕は放(ほか)して 今度は草を
夕陽を浴びてる 草を抜く

抜かれた草は 土の上で
ほのかほのかに 萎(な)えてゆく
遠くに工場の 煙突は 
夕陽に霞(かす)んで みえてゐる



作者と作品について


  • 作者
中原 中也(なかはら ちゅうや)
1907年(明治40年)~1937年(昭和12年)
山口県生まれ

  • 作品
「蜻蛉に寄す」は、詩集『在りし日の歌』に収められています。

中也は、春夏秋冬、さまざまな季節の詩をうたっています。
秋を描いた詩も沢山あるのですが、そのなかでも親しみやすい作品だと思います。
七五調のリズムで、どこにもありそうな風景が描かれています。

でも、なんで溜息をついているのか、なんで草を抜いているのかなど、そんな背景を想像してみると、この詩は奥深くなるのかもしれませんね。

中也の詩には、多くは語っていないのに、何かが伝わってくる作品が沢山あるように思います。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ