金子みすゞ

冬の詩

金子みすゞ 「大晦日と元日」「夢売り」(『金子みすゞ全集』より)

大晦日と元日 兄さまは掛取り、 母さまはお飾り、 わたしはお歳暮。 町じゅうに人が急いで、 町じゅうにお日があたって、 町じゅうになにか光って。 ...
冬の詩

金子みすゞ 「山茶花」「郵便局の椿」「積もった雪」「淡雪」(『金子みすゞ全集』より)

山茶花 居ない居ない ばあ! 誰あやす。 風ふくおせどの 山茶花さざんかは。 居ない居ない ばあ! いつまでも、 泣き出しそうな ...
秋の詩

金子みすゞ 「どんぐり」「梨の芯」(『金子みすゞ全集』より)

どんぐり どんぐり山で どんぐりひろて、 お帽子にいれて、 前かけにいれて、 お山を降りりゃ、 お帽子が邪魔よ、 辷すべればこわい、 どんぐり捨...
秋の詩

金子みすゞ 「もくせい」「もくせいの灯」「曼珠沙華」「花のお使い」「紋附き」(『金子みすゞ全集』より)

もくせい もくせいのにおいが 庭いっぱい。 表の風が、 御門のとこで、 はいろか、やめよか、 相談してた。 もくせいの灯 お部屋にあかい...
夏の詩

金子みすゞ 「なぞ」「蝉のおべべ」「蓮と鶏」「このみち」(『金子みすゞ全集』より)

なぞ なぞなぞなァに、 たくさんあって、とれないものなァに。   青い海の青い水、   それはすくえば青かない。 なぞなぞなァに、 なんにもなく...
夏の詩

金子みすゞ 「朝顔の蔓」「たもと」「向日葵(ひまわり)」(『金子みすゞ全集』より)

朝顔の蔓 垣がひくうて 朝顔は、 どこへすがろと さがしてる。 西もひがしも みんなみて、 さがしあぐねて かんがえる。 それでも ...
春の詩

金子みすゞ 「星とたんぽぽ」「露(つゆ)」「暦と時計」(『金子みすゞ全集』より)

星とたんぽぽ 青いお空の底ふかく、 海の小石のそのように、 夜がくるまで沈んでる、 昼のお星は眼にみえぬ。   見えぬけれどもあるんだよ、   見え...
春の詩

金子みすゞ 「芝草」「げんげの葉の唄」「げんげ」「仲なおり」(『金子みすゞ全集』より)

芝草 名は芝草というけれど、 その名をよんだことはない。 それはほんとにつまらない、 みじかいくせに、そこら中、 みちの上まではみ出して、 ...
春の詩

金子みすゞ 「春の朝」「足ぶみ」「ふうせん」「明日」(『金子みすゞ全集』より)

春の朝 雀がなくな、 いい日和だな、 うっとり、うっとり、 ねむいな。 上の瞼まぶたはあこうか、 下の瞼はまァだよ、 うっとり、うっとり ね...
タイトルとURLをコピーしました