山村暮鳥 「風景 純銀もざいく」(詩集『聖三稜玻璃』より)

風景 純銀もざいく

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
ひばりのおしやべり
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
やめるはひるのつき
いちめんのなのはな

作者と作品について

  • 作者

山村 暮鳥(やまむら ぼちょう)
1884年(明治17年) ~1924年(大正13年)
群馬県生まれ

  • 作品

「風景 純銀モザイク」は、あまりに有名な詩ですね。
詩集『聖三稜玻璃』に収められていた作品です。

私は国語の教科書で目にした記憶があります。
いつかどこかで見たことあるような風景を、見たことないような新鮮な言葉づかいで描いているこの詩に、びっくりしたのを覚えています。

九列九行の連が三つ並んで、各連の八行目には「かすかなるむぎぶえ」「ひばりのおしやべり」「やめるはひるのつき」と、印象的なフレーズがはさみ込まれています。
それはまるで、言葉のモザイクのよう。

この詩を眺めていると、まるで純銀の陽光に輝く風景に、ぽっかり浮かんでいるような気持ちになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
春の詩
4seasonsをフォローする
春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~
タイトルとURLをコピーしました