中原中也のタグ記事一覧

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

タグ:中原中也

中原中也のタグが付いた記事一覧。日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。
中原中也 「汚れつちまつた悲しみに……」(詩集『山羊の歌』より)

冬の詩
汚れつちまつた悲しみに…… 汚れつちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる 汚れつちまつた悲しみに 今日も風さへ吹きすぎる 汚れつちまつた悲しみは たとへば狐の革裘(かはごろも) 汚れつちまつた悲しみは 小雪のかかつてちぢこまる 汚れつちまつた悲しみは なにのぞむ

作品を読む

中原中也 「蜻蛉に寄す」(詩集『在りし日の歌』より)

秋の詩
蜻蛉に寄す あんまり晴れてる 秋の空 赤い蜻蛉(とんぼ)が 飛んでゐる 淡(あは)い夕陽を 浴びながら 僕は野原に 立つてゐる 遠くに工場の 煙突が 夕陽にかすんで みえてゐる 大きな溜息 一つついて 僕は蹲(しやが)んで 石を拾ふ その石くれの 冷たさが

作品を読む

中原中也 「一つのメルヘン」(詩集『在りし日の歌』より)

秋の詩
一つのメルヘン 秋の夜は、はるかの彼方(かなた)に、 小石ばかりの、河原があつて、 それに陽は、さらさらと さらさらと射してゐるのでありました。 陽といつても、まるで硅石(けいせき)か何かのやうで、 非常な個体の粉末のやうで、 さればこそ、さらさらと かすかな音を立

作品を読む

中原中也 「夏の日の歌」(詩集『山羊の歌』より)

夏の詩
夏の日の歌 青い空は動かない、 雲片(ぎれ)一つあるでない。   夏の真昼の静かには   タールの光も清くなる。 夏の空には何かがある、 いぢらしく思はせる何かがある、   焦げて図太い向日葵(ひまはり)が   田舎の駅には咲いてゐる。 上手に子供を育てゆく、 母親

作品を読む

中原中也 「また来ん春……」(詩集『在りし日の歌』より)

春の詩
また来ん春…… また来ん春と人は云ふ しかし私は辛いのだ 春が来たつて何になろ あの子が返つて来るぢやない おもへば今年の五月には おまへを抱いて動物園 象を見せても猫(にやあ)といひ 鳥を見せても猫(にやあ)だつた 最後に見せた鹿だけは 角によつぽど惹かれてか 何と

作品を読む

中原中也 「春と赤ン坊」「雲雀」(詩集『在りし日の歌』より)

春の詩
春と赤ン坊 菜の花畑で眠つてゐるのは…… 菜の花畑で吹かれてゐるのは…… 赤ン坊ではないでせうか? いいえ、空で鳴るのは、電線です電線です ひねもす、空で鳴るのは、あれは電線です 菜の花畑に眠つてゐるのは、赤ン坊ですけど 走つてゆくのは、自転車々々々 向ふの道

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます