八木重吉 「秋」「果物」「壁」「障子」「木」「素朴な琴」「響」「秋のひかり」(詩集『貧しき信徒』より)

こころがたかぶってくる
わたしが花のそばへいって咲けといえば
花がひらくとおもわれてくる

果物

秋になると
果物はなにもかも忘れてしまって
うっとりとのってゆくらしい

秋だ
草はすっかり色づいた
壁のところへいって
じぶんのきもちにききいっていたい

障子しょうじ

あかるい秋がやってきた
しずかな障子のそばへすりよって
おとなしい子供のように
じっとあたりのけはいをたのしんでいたい

はっきりと
もう秋だなとおもうころは
色色なものが好きになってくる
あかるい日なぞ
大きな木のそばへ行っていたいきがする

素朴なこと

この明るさのなかへ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美くしさに耐えかね
琴はしずかに鳴りいだすだろう

ひびき

秋はあかるくなりきった
この明るさの奥に
しずかな響があるようにおもわれる

秋のひかり

ひかりがこぼれてくる
秋のひかりは地におちてひろがる
このひかりのなかで遊ぼう

作者と作品について

  • 作者

八木 重吉(やぎ じゅうきち)
1898年~1927年
東京生まれ

  • 作品

「秋」「果物」「壁」「障子」「木」「素朴な琴」「響」「秋のひかり」は、いずれも第二詩集『貧しき信徒』に収録されています。
第一詩集と同じく、第二詩集にも秋の詩が多いです。

「素朴な琴」は、重吉の詩のなかでも有名で、私も好きな作品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
秋の詩
4seasonsをフォローする
春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~
タイトルとURLをコピーしました