室生犀星のタグ記事一覧

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

タグ:室生犀星

室生犀星のタグが付いた記事一覧。日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。
室生犀星 「切なき思いぞ知る」(詩集『鶴』より)

冬の詩
切なき思ひぞ知る 我は張り詰めたる氷を愛す。 斯る切なき思ひを愛す。 我はその虹のごとく輝けるを見たり。 斯る花にあらざる花を愛す。 我は氷の奥にあるものに同感す、 その剣のごときものの中にある熱情を感ず、 我はつねに狭小なる人生に住めり、 その人生の荒涼の中に

作品を読む

室生犀星 「秋の日」「小曲」「月草」「くらげ」「静かなる空」「朱き葉」(詩集『抒情小曲集』より)

秋の詩
秋の日 つかの間に消え去りし つかの間に消え去りしは あきつのかげにあらざるか ぐらすのごとき秋の日に かげうち過ぐるもの わが君のかげにあらざるか とほき床屋のぎん鋏 波を越えくるかげなるか あらずおんみのひとみより わが眼うれひてかげを見る 小曲 逢へぬこのご

作品を読む

室生犀星 「時無草」「秋の終り」(詩集『抒情小曲集』より)

秋の詩
時無草 秋のひかりにみどりぐむ ときなし草は摘みもたまふな やさしく日南にのびてゆくみどり そのゆめもつめたく ひかりは水のほとりにしづみたり ともよ ひそかにみどりぐむ ときなし草はあはれ深ければ そのしろき指もふれたまふな 秋の終り 君はいつも無口のつぐみどり

作品を読む

室生犀星 「夏の朝」「砂山の雨」「蝉頃」(詩集『抒情小曲集』より)

夏の詩
夏の朝 なにといふ虫かしらねど 時計の玻璃のつめたきに這ひのぼり つうつうと啼く ものいへぬむしけらものの悲しさに 砂山の雨 砂山に雨の消えゆく音 草もしんしん 海もしんしん こまやかなる夏のおもひも わが身みなうちにかすかなり 草にふるれば草はまさをに 雨にふるれ

作品を読む

室生犀星 「はる」「桜咲くところ」「万人の孤独」「蒼空」(詩集『愛の詩集』より)

春の詩
はる おれがいつも詩をかいてゐると 永遠がやつて来て ひたひに何かしらなすつて行く 手をやつて見るけれど すこしのあとも残さない素早い奴だ おれはいつもそいつを見ようとして あせつて手を焼いてゐる 時がだんだん進んで行く おれの心にしみを遺して おれのひたひをいつ

作品を読む

室生犀星 「三月」「ふるさと」「寂しき春」(詩集『抒情小曲集』より)

春の詩
三月 うすければ青くぎんいろに さくらも紅く咲くなみに 三月こな雪ふりしきる 雪かきよせて手にとれば 手にとるひまに消えにけり なにを哀しと言ひうるものぞ 君が朱なるてぶくろに 雪もうすらにとけゆけり ふるさと 雪あたたかくとけにけり しとしとしとと融けゆけり ひと

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます