八木重吉のタグ記事一覧

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

タグ:八木重吉

八木重吉のタグが付いた記事一覧。日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。
八木重吉 「冬」「冬日」「霜」「お化け」「梅」(詩集『秋の瞳』『貧しき信徒』より)

冬の詩
冬 木に眼(め)が生(な)って人を見ている 冬 悲しく投げやりな気持でいると ものに驚かない 冬をうつくしいとだけおもっている 冬日(ふゆび) 冬の日はうすいけれど 明るく 涙も出なくなってしまった私をいたわってくれる 霜(しも) 地はうつくしい気持をはりきって耐(こ)らえて

作品を読む

八木重吉 「秋」「果物」「壁」「障子」「木」「素朴な琴」「響」「秋のひかり」(詩集『貧しき信徒』より)

秋の詩
秋 こころがたかぶってくる わたしが花のそばへいって咲けといえば 花がひらくとおもわれてくる 果物 秋になると 果物はなにもかも忘れてしまって うっとりと実(み)のってゆくらしい 壁 秋だ 草はすっかり色づいた 壁のところへいって じぶんのきもちにききいっていたい 障子

作品を読む

八木重吉 「秋の かなしみ」「草の 実」「秋」「秋の日の こころ」「白い 雲」「秋の 壁」「ちいさい ふくろ」(詩集『秋の瞳』より)

秋の詩
秋の かなしみ わがこころ そこの そこより わらひたき あきの かなしみ あきくれば かなしみの みなも おかしく かくも なやまし みみと めと はなと くち いちめんに くすぐる あきのかなしみ 草の 実 実(み)! ひとつぶの あさがほの 実 さぶしいだらうな、

作品を読む

八木重吉 「水や草はいい方々である」「かなかな」「西瓜を喰おう」「稲妻」(詩集『秋の瞳』『貧しき信徒』より)

夏の詩
水や草は いい方方(かたがた)である はつ夏の さむいひかげに田圃(たんぼ)がある そのまわりに ちさい ながれがある 草が 水のそばにはえてる みいんな いいかたがたばかりだ わたしみたいなものは 顔がなくなるようなきがした かなかな かなかなが 鳴く こころは むら

作品を読む

八木重吉 「花がふってくると思う」「花」「桜」「陽遊」「豚」(詩集『貧しき信徒』より)

春の詩
花がふってくると思う 花がふってくると思う 花がふってくるとおもう この てのひらにうけとろうとおもう 花 おとなしくして居(い)ると 花花が咲くのねって 桃子が言う 桜 綺麗な桜の花をみていると そのひとすじの気持ちにうたれる 陽遊(かげろう) さすがにもう春だ

作品を読む

八木重吉 「春も晩く」「おもひなき哀しさ」「しづかなるながれ」「春」(詩集『秋の瞳』より)

春の詩
春も 晩く  春も おそく どこともないが 大空に 水が わくのか 水が ながれるのか なんとはなく まともにはみられぬ こころだ 大空に わくのは おもたい水なのか おもひなき 哀しさ  はるの日の わづかに わづかに霧(き)れるよくはれし野をあゆむ ああ おもひ

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます