夏の詩のカテゴリ記事一覧

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

カテゴリ:夏の詩

夏の詩のカテゴリ記事一覧。日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。
金子みすゞ 「なぞ」「蝉のおべべ」「蓮と鶏」「このみち」(『金子みすゞ全集』より)

夏の詩
なぞ なぞなぞなァに、 たくさんあって、とれないものなァに。   青い海の青い水、   それはすくえば青かない。 なぞなぞなァに、 なんにもなくって、とれるものなァに。   夏の昼の小さい風、   それは、団扇(うちわ)ですくえるよ。 蝉のおべべ 母さま、 裏の木の

作品を読む

金子みすゞ 「朝顔の蔓」「たもと」「向日葵(ひまわり)」(『金子みすゞ全集』より)

夏の詩
朝顔の蔓 垣がひくうて 朝顔は、 どこへすがろと さがしてる。 西もひがしも みんなみて、 さがしあぐねて かんがえる。 それでも お日さまこいしゅうて、 きょうも一寸 また伸びる。 伸びろ、朝顔、 まっすぐに、 納屋のひさしが もう近い。 たもと 袂(たもと)のゆかたは

作品を読む

北原白秋 「海の向う」(童謡)

夏の詩
海の向う さんごじゆの花が咲いたら、 咲いたらといつか思つた、 さんごじゆの花が咲いたよ。 あの島へ漕いで行けたら、 行けたらといつか思つた、 その島にけふは来てるよ。 あの白帆どこへゆくだろ、 あの小鳥どこへゆくだろ、 あの空はどこになるだろ。 行きたいな、あ

作品を読む

島崎藤村 「椰子の實」 (詩集『落梅集』より)

夏の詩
椰子の實 名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の實一つ 故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月 舊(もと)の樹は生ひや茂れる 枝はなほ影をやなせる われもまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の浮寢の旅ぞ 實をとりて胸にあつれば 新(あらた)なり流離の憂(

作品を読む

立原道造 「夏花の歌」(詩集『萱草に寄す』より)

夏の詩
夏花の歌   その一 空と牧場のあひだから ひとつの雲が湧きおこり 小川の水面に かげをおとす 水の底には ひとつの魚が 身をくねらせて 日に光る それはあの日の夏のこと! いつの日にか もう返らない夢のひととき 黙つた僕らは 足に藻草をからませて ふたつの影を

作品を読む

高村光太郎 「人に」(詩集『智恵子抄』より)

夏の詩
人に 遊びぢやない 暇つぶしぢやない あなたが私に会ひに来る ――画もかかず、本も読まず、仕事もせず―― そして二日でも、三日でも 笑ひ、戯れ、飛びはね、又抱き さんざ時間をちぢめ 数日を一瞬に果す ああ、けれども それは遊びぢやない 暇つぶしぢやない

作品を読む

中原中也 「夏の日の歌」(詩集『山羊の歌』より)

夏の詩
夏の日の歌 青い空は動かない、 雲片(ぎれ)一つあるでない。   夏の真昼の静かには   タールの光も清くなる。 夏の空には何かがある、 いぢらしく思はせる何かがある、   焦げて図太い向日葵(ひまはり)が   田舎の駅には咲いてゐる。 上手に子供を育てゆく、 母親

作品を読む

萩原朔太郎 「中學の校庭」(詩集『純情小曲集』より)

夏の詩
中學の校庭 われの中學にありたる日は 艶(なま)めく情熱になやみたり いかりて書物をなげすて ひとり校庭の草に寢ころび居しが なにものの哀傷ぞ はるかに青きを飛びさり 天日(てんじつ)直射して熱く帽子に照りぬ。 作者と作品について 作者萩原 朔太郎(はぎわら さくた

作品を読む

室生犀星 「夏の朝」「砂山の雨」「蝉頃」(詩集『抒情小曲集』より)

夏の詩
夏の朝 なにといふ虫かしらねど 時計の玻璃のつめたきに這ひのぼり つうつうと啼く ものいへぬむしけらものの悲しさに 砂山の雨 砂山に雨の消えゆく音 草もしんしん 海もしんしん こまやかなる夏のおもひも わが身みなうちにかすかなり 草にふるれば草はまさをに 雨にふるれ

作品を読む

山村暮鳥 「西瓜の詩」(詩集『雲』より)

夏の詩
西瓜の詩 農家のまひるは ひつそりと 西瓜のるすばんだ 大でつかい奴がごろんと一つ 座敷のまんなかにころがつてゐる おい、泥棒がへえるぞ わたしが西瓜だつたら どうして噴出さずにゐられたらう おなじく 座敷のまんなかに 西瓜が一つ 畑のつもりで ころがつてる びんばふ

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます