秋の詩のカテゴリ記事一覧

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

カテゴリ:秋の詩

秋の詩のカテゴリ記事一覧。日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。
金子みすゞ 「どんぐり」「梨の芯」(『金子みすゞ全集』より)

秋の詩
どんぐり どんぐり山で どんぐりひろて、 お帽子にいれて、 前かけにいれて、 お山を降りりゃ、 お帽子が邪魔よ、 辷(すべ)ればこわい、 どんぐり捨てて お帽子をかぶる。 お山を出たら 野は花ざかり、 お花を摘(つ)めば、 前かけ邪魔よ とうとうどんぐり みんな捨てる。 梨

作品を読む

金子みすゞ 「もくせい」「もくせいの灯」「曼珠沙華(ひがんばな)」「花のお使い」「紋附き(もんつき)」

秋の詩
もくせい もくせいのにおいが 庭いっぱい。 表の風が、 御門のとこで、 はいろか、やめよか、 相談してた。 もくせいの灯 お部屋にあかい灯(ひ)がつくと、 硝子のそとの、もくせいの、 しげみのなかにも灯がつくの、 ここのとおんなじ灯がつくの。 夜更けてみんながねねし

作品を読む

北原白秋 「曼珠沙華」(詩集『思ひ出』より)

秋の詩
曼珠沙華 GONSHAN. GONSHAN. 何處(どこ)へゆく、 赤い、御墓(おはか)の曼珠沙華(ひがんばな)、 曼珠沙華(ひがんばな)、 けふも手折りに來たわいな。 GONSHAN. GONSHAN. 何本(なんぼん)か、 地には七本、血のやうに、 血のやうに、 ちやうど、あの兒の年の數(かず)。 GONSHAN

作品を読む

島崎藤村 「初恋」(詩集『若菜集』より)

秋の詩
初恋 まだあげ初(そ)めし前髪(まへがみ)の 林檎(りんご)のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛(はなぐし)の 花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅(うすくれなゐ)の秋の実(み)に 人こひ初(そ)めしはじめなり わがこゝろなきためいきの そ

作品を読む

立原道造 「忘れてしまつて」(詩集『萱草に寄す』より)

秋の詩
忘れてしまつて 深い秋が訪れた!(春を含んで) 湖は陽にかがやいて光つてゐる 鳥はひろいひろい空を飛びながら 色どりのきれいな山の腹を峡の方に行く 葡萄も無花果も豊かに熟れた もう穀物の収穫ははじまつてゐる 雲がひとつふたつながれて行くのは 草の上に眺めながら寝

作品を読む

立原道造 「やがて秋……」(詩集『暁と夕の詩』より)

秋の詩
やがて秋…… やがて 秋が 来るだらう 夕ぐれが親しげに僕らにはなしかけ 樹木が老いた人たちの身ぶりのやうに あらはなかげをくらく夜の方に投げ すべてが不確かにゆらいでゐる かへつてしづかなあさい吐息にやうに…… (昨日でないばかりに それは明日)と 僕らのおも

作品を読む

高村光太郎 「レモン哀歌」(詩集『智恵子抄』より)

秋の詩
レモン哀歌 そんなにもあなたはレモンを待つてゐた かなしく白くあかるい死の床で わたしの手からとつた一つのレモンを あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ トパアズいろの香気が立つ その数滴の天のものなるレモンの汁は ぱつとあなたの意識を正常にした あなたの青く澄ん

作品を読む

谷川俊太郎 「シャガールと木の葉」(詩集『シャガールと木の葉』より)☆

秋の詩
シャガールと木の葉 貯金はたいて買ったシャガールのリトの横に 道で拾ったクヌギの葉を並べてみた 値段があるものと 値段をつけられぬもの ヒトの心と手が生み出したものと 自然が生み出したもの シャガールは美しい クヌギの葉も美しい 立ち上がり紅茶をいれる テーブ

作品を読む

中原中也 「蜻蛉に寄す」(詩集『在りし日の歌』より)

秋の詩
蜻蛉に寄す あんまり晴れてる 秋の空 赤い蜻蛉(とんぼ)が 飛んでゐる 淡(あは)い夕陽を 浴びながら 僕は野原に 立つてゐる 遠くに工場の 煙突が 夕陽にかすんで みえてゐる 大きな溜息 一つついて 僕は蹲(しやが)んで 石を拾ふ その石くれの 冷たさが

作品を読む

中原中也 「一つのメルヘン」(詩集『在りし日の歌』より)

秋の詩
一つのメルヘン 秋の夜は、はるかの彼方(かなた)に、 小石ばかりの、河原があつて、 それに陽は、さらさらと さらさらと射してゐるのでありました。 陽といつても、まるで硅石(けいせき)か何かのやうで、 非常な個体の粉末のやうで、 さればこそ、さらさらと かすかな音を立

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます