2015年10月の記事一覧

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

月別アーカイブ:2015年10月

2015年10月の記事一覧。日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。
島崎藤村 「初恋」(詩集『若菜集』より)

秋の詩
初恋 まだあげ初(そ)めし前髪(まへがみ)の 林檎(りんご)のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛(はなぐし)の 花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅(うすくれなゐ)の秋の実(み)に 人こひ初(そ)めしはじめなり わがこゝろなきためいきの そ

作品を読む

島崎藤村 「椰子の實」 (詩集『落梅集』より)

夏の詩
椰子の實 名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の實一つ 故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月 舊(もと)の樹は生ひや茂れる 枝はなほ影をやなせる われもまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の浮寢の旅ぞ 實をとりて胸にあつれば 新(あらた)なり流離の憂(

作品を読む

立原道造 「のちのおもひに」(詩集『萱草に寄す』より)

冬の詩
のちのおもひに 夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に 水引草に風が立ち 草ひばりのうたひやまない しづまりかへつた午さがりの林道を うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた ――そして私は 見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を だれもき

作品を読む

立原道造 「忘れてしまつて」(詩集『萱草に寄す』より)

秋の詩
忘れてしまつて 深い秋が訪れた!(春を含んで) 湖は陽にかがやいて光つてゐる 鳥はひろいひろい空を飛びながら 色どりのきれいな山の腹を峡の方に行く 葡萄も無花果も豊かに熟れた もう穀物の収穫ははじまつてゐる 雲がひとつふたつながれて行くのは 草の上に眺めながら寝

作品を読む

立原道造 「やがて秋……」(詩集『暁と夕の詩』より)

秋の詩
やがて秋…… やがて 秋が 来るだらう 夕ぐれが親しげに僕らにはなしかけ 樹木が老いた人たちの身ぶりのやうに あらはなかげをくらく夜の方に投げ すべてが不確かにゆらいでゐる かへつてしづかなあさい吐息にやうに…… (昨日でないばかりに それは明日)と 僕らのおも

作品を読む

立原道造 「夏花の歌」(詩集『萱草に寄す』より)

夏の詩
夏花の歌   その一 空と牧場のあひだから ひとつの雲が湧きおこり 小川の水面に かげをおとす 水の底には ひとつの魚が 身をくねらせて 日に光る それはあの日の夏のこと! いつの日にか もう返らない夢のひととき 黙つた僕らは 足に藻草をからませて ふたつの影を

作品を読む

立原道造 「燕の歌」「うたふやうにゆつくりと‥‥」(詩集『優しき歌Ⅰ』より)

春の詩
燕の歌      春来にけらし春よ春        まだ白雪の積れども               ――草枕 灰色に ひとりぼつちに 僕の夢にかかつてゐる とほい村よ あの頃 ぎぼうしゆとすげが暮れやすい花を咲き 山羊(やぎ)が啼いて 一日一日 過ぎてゐた やさ

作品を読む

高村光太郎 「冬が来た」(詩集『道程』より)

冬の詩
冬が来た きつぱりと冬が来た 八つ手の白い花も消え 公孫樹(いてふ)の木も箒(ほうき)になった きりきりともみ込むような冬が来た 人にいやがられる冬 草木に背かれ、虫類に逃げられる冬が来た 冬よ 僕に来い、僕に来い、 僕は冬の力、冬は僕の餌食だ しみ透れ、つきぬ

作品を読む

高村光太郎 「樹下の二人」(詩集『智恵子抄』より)

冬の詩
樹下の二人 ――みちのくの安達が原の二本松松の根かたに人立てる見ゆ―― あれが阿多多羅山(あたたらやま)、 あの光るのが阿武隈川。 かうやつて言葉すくなに坐つてゐると、 うつとりねむるやうな頭の中に、 ただ遠い世の松風ばかりが薄みどりに吹き渡ります。 この大きな

作品を読む

高村光太郎 「レモン哀歌」(詩集『智恵子抄』より)

秋の詩
レモン哀歌 そんなにもあなたはレモンを待つてゐた かなしく白くあかるい死の床で わたしの手からとつた一つのレモンを あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ トパアズいろの香気が立つ その数滴の天のものなるレモンの汁は ぱつとあなたの意識を正常にした あなたの青く澄ん

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます