曼珠沙華


GONSHAN. GONSHAN. 何處(どこ)へゆく、
赤い、御墓(おはか)の曼珠沙華(ひがんばな)
曼珠沙華(ひがんばな)
けふも手折りに來たわいな。

GONSHAN. GONSHAN. 何本(なんぼん)か、
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの兒の年の數(かず)
GONSHAN. GONSHAN. 氣をつけな、
ひとつ摘(つ)んでも、日は眞晝、
日は眞晝、
ひとつあとからまたひらく。
GONSHAN. GONSHAN. 何故(なし)泣くろ、
何時(いつ)まで取つても曼珠沙華(ひがんばな)
曼珠沙華、
(こは)や、赤しや、まだ七つ。



作者と作品について


  • 作者
北原 白秋(きたはら はくしゅう)
1885年(明治18年)~1942年(昭和17年)
福岡県出身

  • 作品
「曼珠沙華」は、詩集『思ひ出』に収められています。
この詩には、山田耕作が曲を付けていて、童謡としても知られています。

GONSHANというのは、白秋の出身地である柳川の方言で、「良家のお嬢さん」という意味。
GONSHANは、幼女なのでしょうか?それとも、母親なのでしょうか?
母親の場合、七歳で亡くなった子の墓参りに来たのか、それとも水子で、生きていれば七歳の子を弔いに来たのか、いろいろ解釈できそうです。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ