蝶を夢む


座敷のなかで 大きなあつぼつたい翼(はね)をひろげる
蝶のちひさな 醜い顏とその長い觸手と
紙のやうにひろがる あつぼつたいつばさの重みと。
わたしは白い寢床のなかで眼をさましてゐる。
しづかにわたしは夢の記憶をたどらうとする
夢はあはれにさびしい秋の夕べの物語
水のほとりにしづみゆく落日と
しぜんに腐りゆく古き空家にかんするかなしい物語。

夢をみながら わたしは幼な兒のやうに泣いてゐた
たよりのない幼な兒の魂が
空家の庭に生える草むらの中で しめつぽいひきがへるのやうに泣いてゐた。
もつともせつない幼な兒の感情が
とほい水邊のうすらあかりを戀するやうに思はれた
ながいながい時間のあひだ わたしは夢をみて泣いてゐたやうだ。

あたらしい座敷のなかで 蝶が翼(はね)をひろげてゐる
白い あつぼつたい 紙のやうな翼(はね)をふるはしてゐる。




作者と作品について


  • 作者
萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう)
1886年(明治19年)~1942年(昭和17年)
群馬県生まれ

  • 作品
「蝶を夢む」は、同名の詩集『蝶を夢む』の巻頭を飾る作品です。

本来なら儚いはずの蝶の翼が、あつぼったい重みでもって描かれているところに、この詩のかなしみがあると思います。
しかも、暖かい春に舞う蝶ではなく、これから寒くなっていく秋の夕べに、翼をふるわせている蝶なんですよね。

上手く言葉にできなくてもどかしいです。
でも、変に感想を述べてしまったら、この夢の世界が壊れてしまいそう。

不思議なノスタルジーを感じさせる作品だと思います。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ