春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~

日々のくらしに季節の彩りを……
春夏秋冬を感じさせる詩を、四季ごとにまとめました。
国語の教科書にのっているような、有名詩人の作品が中心です。

book


お知らせ

2019年1月
ブログURLを変更しました。
旧 http://4seasons-poetry.blog.jp
新 http://4seasons-poetry.com
どうぞよろしくお願いいたします。

作品一覧

北原白秋 「曼珠沙華」(詩集『思ひ出』より)

秋の詩
曼珠沙華 GONSHAN. GONSHAN. 何處(どこ)へゆく、 赤い、御墓(おはか)の曼珠沙華(ひがんばな)、 曼珠沙華(ひがんばな)、 けふも手折りに來たわいな。 GONSHAN. GONSHAN. 何本(なんぼん)か、 地には七本、血のやうに、 血のやうに、 ちやうど、あの兒の年の數(かず)。 GONSHAN

作品を読む

北原白秋 「海の向う」(童謡)

夏の詩
海の向う さんごじゆの花が咲いたら、 咲いたらといつか思つた、 さんごじゆの花が咲いたよ。 あの島へ漕いで行けたら、 行けたらといつか思つた、 その島にけふは来てるよ。 あの白帆どこへゆくだろ、 あの小鳥どこへゆくだろ、 あの空はどこになるだろ。 行きたいな、あ

作品を読む

北原白秋 「薔薇二曲」(詩集『白金之独楽』より)

春の詩
薔薇二曲   一 薔薇ノ木二 薔薇の花サク。 ナニゴトノ不思議ナケレド。   二 薔薇ノ花。 ナニゴトノ不思議ナケレド。 照リ極マレバ木ヨリコボルル。 光リコボルル。 作者と作品について 作者北原 白秋(きたはら はくしゅう) 1885年(明治18年)~1942年(昭和

作品を読む

島崎藤村 「初恋」(詩集『若菜集』より)

秋の詩
初恋 まだあげ初(そ)めし前髪(まへがみ)の 林檎(りんご)のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛(はなぐし)の 花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅(うすくれなゐ)の秋の実(み)に 人こひ初(そ)めしはじめなり わがこゝろなきためいきの そ

作品を読む

島崎藤村 「椰子の實」 (詩集『落梅集』より)

夏の詩
椰子の實 名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の實一つ 故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月 舊(もと)の樹は生ひや茂れる 枝はなほ影をやなせる われもまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の浮寢の旅ぞ 實をとりて胸にあつれば 新(あらた)なり流離の憂(

作品を読む

立原道造 「のちのおもひに」(詩集『萱草に寄す』より)

冬の詩
のちのおもひに 夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に 水引草に風が立ち 草ひばりのうたひやまない しづまりかへつた午さがりの林道を うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた ――そして私は 見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を だれもき

作品を読む

立原道造 「忘れてしまつて」(詩集『萱草に寄す』より)

秋の詩
忘れてしまつて 深い秋が訪れた!(春を含んで) 湖は陽にかがやいて光つてゐる 鳥はひろいひろい空を飛びながら 色どりのきれいな山の腹を峡の方に行く 葡萄も無花果も豊かに熟れた もう穀物の収穫ははじまつてゐる 雲がひとつふたつながれて行くのは 草の上に眺めながら寝

作品を読む

立原道造 「やがて秋……」(詩集『暁と夕の詩』より)

秋の詩
やがて秋…… やがて 秋が 来るだらう 夕ぐれが親しげに僕らにはなしかけ 樹木が老いた人たちの身ぶりのやうに あらはなかげをくらく夜の方に投げ すべてが不確かにゆらいでゐる かへつてしづかなあさい吐息にやうに…… (昨日でないばかりに それは明日)と 僕らのおも

作品を読む

立原道造 「夏花の歌」(詩集『萱草に寄す』より)

夏の詩
夏花の歌   その一 空と牧場のあひだから ひとつの雲が湧きおこり 小川の水面に かげをおとす 水の底には ひとつの魚が 身をくねらせて 日に光る それはあの日の夏のこと! いつの日にか もう返らない夢のひととき 黙つた僕らは 足に藻草をからませて ふたつの影を

作品を読む

立原道造 「燕の歌」「うたふやうにゆつくりと‥‥」(詩集『優しき歌Ⅰ』より)

春の詩
燕の歌      春来にけらし春よ春        まだ白雪の積れども               ――草枕 灰色に ひとりぼつちに 僕の夢にかかつてゐる とほい村よ あの頃 ぎぼうしゆとすげが暮れやすい花を咲き 山羊(やぎ)が啼いて 一日一日 過ぎてゐた やさ

作品を読む

ギャラリー
  • はじめに
プロフィール
HN:maho
ふだんはOLをやっているアラフォーです。
家の本棚には詩集がずらっと並んでいるほど、詩がすきです。
最近は俳句にも興味をもっています。
メッセージ

名前
メール
本文



スポンサーリンク
Copyright © 春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます